Fandom

Nintendo

Yu Kitai Interview

14,916pages on
this wiki
Add New Page
Talk0 Share

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.

2004 Interview,for archiving purposes.


【名前】  工藤 優 【所属】  情報開発本部 制作部 制作課 【入社】  2002年 【卒業】  美術工芸学部 デザイン科



ゲームソフトの制作を行っている部門です。いわゆるディレクターやデザイナーと呼ばれる人が所属しています。企画段階から参加することも多く、随時、ゲームのアイデアを出し合い、制作を進めていきます。



デザインの仕事は、背景などを描くフィールドデザインと、キャラクターなどを描くオブジェクトデザインに分けられます。私は主にフィールドデザインを担当しているんですが、フィールドは実際にプレーヤーが遊ぶ部分ですので、「屋根まで登れたら面白いんじゃないか」とか、「ここはもっとカーブをつけたほうが面白いんじゃないか」という風に、自分がプレーヤーになったつもりで楽しみながら仕事をさせてもらっています。



1. 「ゼルダの伝説 風のタクト」フィールドデザイン

火山/氷山/チンクルタワー/妖精の島/リト族の村などのデザインを担当しました。デザイナーの仕事は比較的自由度が高く、「終点に行き着くまでに〜分ぐらいの地形を作ってくれ」といった要望に対して、「ここは起伏を作りたいな」とか「でこぼこを作りたいな」という風に自分であれこれ考えながら制作していきます。チンクルタワーなどは、「チンクルならこんなタワーに住んでるだろう」というように、キャラクターの性格をイメージしながら制作しました。

2. 「マリオカート ダブルダッシュ!!」コースデザイン

べビィパーク/キノコシティ/キノコブリッジなどのコースデザインを担当しました。キノコシティは市街地が舞台なので、実際に走る道の他に「デザインとしての道」が存在し、コースに迷わないための分かりやすさが要求されました。実際にプレーしてもらえれば分かりますが、行ってはいけない道を色分けしたり、分岐点に電光掲示板を立ててみたり、といった工夫を凝らしてあります。



みんなの「遊び」の場を作りあげることができる、これがこの仕事の大きな魅力ですね。私なりの「遊び」として、細かいネタを入れたりもしています。例えば「ゼルダの伝説 風のタクト」中のカフェバーのメニューなどは、ゲームに登場する「ハイラル文字」で書かれていて、ちゃんと解読できるようになっています。インターネットの掲示板で、「ハイラル文字で〜〜って書いてあったよ」なんて書き込みがあると、つい嬉しくなっちゃいます。それから、熱意さえあればキャリアに関係なくゲームの企画・提案ができるので、本当に面白い職場だと思います。




Google Translate

[Name] Yu Kudo Development Division, Department of Production Department Production Information] [affiliation - Year - 2002 he joined Graduation - Department of Design - Arts and Crafts


The department has been producing video games. We called the people belongs to the so-called directors and designers. Many also participate from the planning stage, at any time, brainstormed the idea of ​​the game, we will promote the production.


Design work is designed to draw and background fields are divided into design objects and characters to draw. But I'm primarily responsible for the design field, playing field, since the player is actually part of, "Do not up to the roof 登Retara funny" or, "This is not funny with a curve more more or "the wind that has got will be a fun job with his players were going.


1. "The Legend of Zelda: Wind Waker" Field Design

Village and was responsible for the design of the tribe / ritonavir Fairy Island / Tingle Tower / iceberg / volcano. Designer jobs relatively high degree of freedom, "about me minutes to create a landscape comes to an end before" and to demand, "This is a relief to create a" or a "make a rough" If we have made it their own thinking and so on. Tingle Tower, etc., "would like if you live in the Tingle Tower," and so on, but I made the image of the character's personality.

2. "Mario Kart: Double Dash!" Course Design

Was responsible for the design of such courses Byipaku / Mushroom City / mushroom all bridges. Since the stage Mushroom City Centre, in addition to the actual road running "career as a design" there is now clarity is required to get lost in the course. If you know the real Moraere playing, do not or should not color the way, you can look up the electronic scoreboard at the junction, you have the ingenuity and 凝Rashi.


Everybody's "play" can make up a place, I It is a big attraction for this job. I became a "play" as has been small or even put a story. For example, "The Legend of Zelda: Wind Waker," such as a menu bar in the cafe is in the game character "Hyrule" has been written in the fine has been able to decipher. Internet bulletin board, "What I had to write letters ~ ~ Hyrule" and write in Nantes, and is pleased about tea. Then, it can be proposed, regardless of the career game plan, even if enthusiasm, I think really interesting work.

Also on Fandom

Random Wiki